瓶ノ井

神奈川県鎌倉市の明月院境内にある井戸で、鎌倉十井の一つ。岩盤を垂直
に堀り貫いて造ったとみられ、その内部が水瓶のようにふくらみがある事から
「瓶ノ井」と呼ばれ、現在でも使用できる貴重な井戸だそうです。


画像



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック