牛若丸首途の井

京都市右京区花園艮北町に、井戸跡を示す石標が建てられています。
この地は、金売り吉次の屋敷跡といわれ、牛若丸が奥州に旅立つ際に
ここの井戸の水を汲んで別れを惜しんだという伝承があります。


画像



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック