不動堂(大慶寺)

群馬県太田市の大慶寺にある不動堂。妙満尼が父新田義重の像を彫ると、
一夜のうちに不動明王の姿になったので、御影不動ともいい、新田義貞の戦
死を知ると、その死を惜しんで泣いたことから、泣き不動とも呼ばれています。


画像



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック