テーマ:岐阜

南宮大社

岐阜県不破郡垂井町の南宮山の山麓に鎮座する神社で、 鉱山の神である、金山彦命を祭神としており、全国の鉱山・金属業の 総本宮として古くから信仰を集めているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃配山

関ヶ原の戦いの際、東軍の総大将徳川家康が最初に陣を置いた場所。 桃配山は、672年に起きた壬申の乱のおり、大海人皇子(後の天武天皇)が 出陣して、桃を全兵士に配り、戦いに快勝した所と伝えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東首塚

JR関ケ原駅からすぐ近くのところにあるのが、関ケ原合戦の東首塚で、 家康の命により、首実検後の首を竹中重門が祀ったとされるところです。 関ケ原合戦の戦死者は、両軍合わせて、1万~4万にも上るそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松平忠吉・井伊直政陣跡

慶長15年9月15日の関ケ原の合戦において、家康の4男である松平忠吉と 後に彦根藩主となる井伊直政が、約6000の兵を率いて陣を構えた場所。 午前8時頃、先鋒の福島正則より先に攻撃を開始し、戦端が開かれました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首洗いの古井戸

関ケ原の東首塚のすぐ脇にある、討ち取った首級を洗ったとされる古井戸。 家康による首実検に先立ち、合戦で討ち取られた西軍将士の首級は、 この井戸水を使って血や土などが洗い落とされたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芭蕉句碑(不破の関)

岐阜県不破郡関ケ原町にある、不破関跡に建つ松尾芭蕉の句碑。      「 秋風や藪も畠も不破の関 」 芭蕉が伊賀上野への旅を記した、「野ざらし紀行」の中の一句だそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不破の関守跡

天武天皇2年(673年)、天武天皇の命により、都(飛鳥浄御原宮)を 守る為に、不破関、鈴鹿関、愛発関の3つの関所が設置されました。 当時は、この三関から東が、東国または関東と呼ばれていたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本多忠勝陣所跡

本多忠勝は、徳川四天王・徳川十六神将・徳川三傑に数えられた武将。 関ケ原合戦においては、「十九女池」の西側に陣を置き、軍監として参戦した ものの、島津隊に向かって進撃し、西軍武将の切り崩しにも活躍したそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島津豊久碑

島津豊久は、安土桃山時代の武将で、島津義弘に仕えた島津氏の家臣。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、伯父の義弘と共に西軍として参陣。 島津軍が戦場を離脱する際に、豊久は義弘の身代わりとなって討死しました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関ケ原

伊吹山の南東麓に位置する交通の要衝で、古代には不破関があった処。 慶長5年(1600年)9月15日の関ケ原の合戦では、東西両軍合わせて 18万ともいわれる軍勢が集結し、天下分け目の激戦が繰り広げられました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小早川秀秋陣所跡

関ケ原を見下ろす松尾山にある、小早川秀秋の陣地跡。 小早川秀秋は西軍として、1万5千の兵を率いて松尾山に出陣し、最終的には 家康の催促に応じ、松尾山を下り、西軍の大谷吉継の陣へ攻めかかりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島正則陣跡

東軍の先鋒で約6000の兵を率いた福島正則の陣地跡で、福島正則は当日 未明に春日神社辺りに着陣し、開戦後、宇喜多隊に襲いかかったそうです。 神社境内に立つ樹齢800年の大杉は関ケ原合戦屏風にも描かれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西首塚

関ケ原の戦いで戦死した兵士たちを埋葬したと伝わる塚で、別名が胴塚。 塚の正面にある御堂には、千手観音と馬頭観音が安置されているそうです。 東首塚は東軍関連、西首塚は西軍関連の首塚とする説もあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開戦地(関ケ原)

慶長5年(1600年)9月15日に行われた、関ケ原の戦いの開戦地です。 合戦当日の朝、松平・井伊隊が、先峰の福島隊の脇を通り抜け、西軍の 宇喜多隊の前へ進出、遅れじと、福島隊が一斉射撃を開始したとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇喜多秀家陣所跡

関ケ原合戦において、西軍副大将の宇喜多秀家は、西軍最大の17000 の兵でこの地に陣を置き、東軍の福島勢との激突から戦いは始まりました。 宮本武蔵が奮戦したのもこの辺りといわれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小西行長陣所跡

石田三成の陣のあった笹尾山から、約700m程南にある小西行長陣所跡。 北は北国街道、南は中山道を押さえる重要な場所で、開戦地はすぐ目の前。 開戦とともに、北天満山から烽火をあげて味方に開戦の合図をしたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島津義弘陣地跡

笹尾山の石田三成の陣跡から、南に500m程のところの、島津義弘陣跡。 戦国の雄・島津軍千人を率いた義弘は、ここ小池村に陣をかまえ、西軍の 敗色が濃くなると、ここから決死の敵中突破を行い、薩摩まで帰還しました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小池神明神社

笹尾山の石田三成の陣跡から、南に500m程のところにある神社。 関ケ原合戦時には他所の丘陵に祀られていたそうですが、西軍の将、 島津惟新義弘は、この境内を本陣とし、戦勝を祈願したと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川家康最後陣地跡

慶長5年(1600年)9月15日に行われた関ケ原の戦いの際、徳川家康は 桃配山から、三成本陣の笹尾山のすぐ下のこの地に本陣を移動させました。 合戦終了後にはこの場で、討ち取ってきた敵の首級が実検されたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関ケ原決戦地

石田三成の陣があった笹尾山からすぐ近くにある、関ケ原決戦地の碑。 西軍の敗色が濃くなるなか、石田三成の首を取ろうと攻める寄せる東軍と、 必死で応戦した西軍とが最大の激戦を繰り広げた場所と伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田三成陣所跡

慶長5年9月15日(1600年10月21日)の関ケ原の合戦において、 西軍の石田三成は、関ケ原を見渡せる笹尾山の頂上に陣を置きました。 三成は当日の早朝に到着し、朝の5時頃には、陣形を整えたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島左近陣所跡

石田三成の陣した笹尾山の下にある、三成第一の家臣、島左近の陣所跡。 島左近は、「治部少に過ぎたるものが二つあり、島の左近と佐和山の城」と 謡われたほどの猛将でしたが、銃弾を受けて討ち死にしたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷吉継陣所跡

大谷吉継は、無謀とは知りながら、関ケ原の戦いでは西軍に属して参戦。 当初より小早川秀秋の裏切りを予想していたため、合戦が始まる1ヶ月も 前から、松尾山の真正面のこの地に陣を作り始めたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷吉継墓

大谷吉継は戦国期から安土桃山時代にかけての武将で、豊臣秀吉の家臣。 業病を患い失明して、関ヶ原の戦いでは輿に乗って指揮して奮戦しましたが、 ついに敗戦すると、家臣湯浅隆貞の介錯で切腹して果てたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平塚為広の碑

平塚為広は豊臣秀頼に仕えた武将で、関ヶ原合戦の直前、大谷吉継と共に 佐和山城で石田三成を諫言しましたが失敗し、西軍に与することとなりました。 関ヶ原本戦では、大谷吉継軍に属して奮戦しましたが、討死にをしました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田輝政陣所跡(関ケ原)

池田輝政は関ケ原合戦では東軍につき、前哨戦で岐阜城を陥落させ、 また、関ヶ原本戦では南宮山の麓に陣を構え、南宮山の毛利秀元や 吉川広家らの軍勢が東軍の横を突くのを警戒する役目にあたりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春王安王墓

岐阜県不破郡垂井町にある、足利春王丸、足利安王丸の兄弟の墓。 兄弟は、京へ護送されていく途中、足利義教の命令により美濃国垂井宿の 金蓮寺で殺害されましたが、墓は金蓮寺より西方約500ⅿの所にあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春王安王処刑の地

足利春王丸、足利安王丸の兄弟は、関東公方足利持氏の子。 結城合戦で敗れて捕らえられ、京都への護送中、足利義教の命令により 美濃国垂井宿の金蓮寺にて殺害されました。享年春王13歳、安王11歳。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元円興寺

美濃国不破郡青墓の長者大炊氏に懇願され、延暦9年(790年)に 最澄が開山したと伝わるお寺で、現在は礎石の他には、源朝長の墓、 大炊氏の墓があり、また、松尾芭蕉の句碑が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芭蕉句碑(青墓)

松尾芭蕉が、円興寺の源朝長公の墓にお参りした時に作った句。      苔埋む 蔦のうつつの 念仏哉 元円興寺の仁王門推定地のすぐ近くに、碑が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more