テーマ:石川

黄金の茶室

金沢は、金箔の全国生産量の99%、銀箔・洋金箔・上澄においては100% のシェアを誇りますが、「箔座本店」内には、最高級の金箔を約4万枚使った、 豊臣秀吉の黄金の茶室をモデルにしたものが再現されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢駅

石川県金沢市の玄関となる駅で、兼六園口には、伝統芸能に使われる鼓を イメージした「鼓門」、またその背後には「もてなしドーム」があり、構内を飾る 伝統工芸品の数々も見事で、世界で最も美しい駅の一つに選ばれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢城

江戸時代に加賀百万石、前田家の居城だった城。ここはもと、加賀一向一揆 の拠点であった尾山御坊(御山御坊)のあった所で、それを佐久間盛政が攻 め落とし、その後、前田利家が城主となりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兼六園

金沢市にある、国の特別名勝に指定されている日本庭園。 金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする池泉回遊式庭園であり、 岡山の後楽園、水戸の偕楽園と共に日本三名園の一つに数えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢市老舗記念館

金沢市の長町にある金沢の伝統的町民文化の展示施設。藩政時代からの 薬種商であった「中屋薬舗」の建物を昭和62年、金沢市が中屋家から寄付 を受け、平成元年4月1日に開館したものだそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長町武家屋敷跡

前田家の重臣である長氏の屋敷があったことが長町の由来とのこと。 加賀藩時代の上流・中流階級藩士の侍屋敷が軒を連ねていて、土塀と石畳 の路地が続いており、藩政時代の情緒ある雰囲気を味わうことができます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢職人大学校長町研修塾

金沢市の長町武家屋敷群の一画にある、金沢職人大学校の長町研修塾。 この建物は、藩政期末から明治初期の約130年前の建物を金沢職人大学校 の総合学習として、長町武家屋敷群の修景に合わせ修復したものだそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大野庄用水

犀川桜橋の上流右岸地点で取水され、約10kmの距離を流れている清流。 金沢市内では、長町武家屋敷周辺の土塀沿いを流れ、その流れは今でも 屋敷内庭園の曲水に利用され、時折、ホタルも見かけられるとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野村家

石川県金沢市の長町武家屋敷跡の一画にある、旧武家屋敷。 野村家は、加賀百万石の基礎を築いた藩祖・前田利家の金沢城入りに 直臣として従った野村伝兵衛信貞に遡り、代々奉行職などを歴任しました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高田家跡

石川県金沢市の長町武家屋敷跡の一つ。高田家は加賀藩の550石の 上級武士で、江戸時代最も格式の高い藩士の一人だったと言われ、当時 の長屋門が復元されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高田家跡

石川県金沢市の長町武家屋敷跡の一つ。高田家は加賀藩の550石の 上級武士で、江戸時代最も格式の高い藩士の一人だったと言われ、当時 の長屋門が復元されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前田利家像

金沢市の尾山神社にある、加賀藩前田家の祖、前田利家の像。 前田利家は、織田信長に小姓として仕え、その後は羽柴秀吉に臣従し、 加賀国・越中国を与えられて加賀藩百万石の礎を築きました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お松の方像

金沢市の尾山神社境内にある、石碑に彫られた「お松の方」の像。 お松の方は、加賀国の戦国大名・前田利家の正室で、学問や武芸にも通じ、 秀吉夫妻とは、清州時代からの懇意の間柄であったことで知られています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾山神社

金沢市尾山町にある、主祭神を加賀藩の藩祖前田利家公とする神社。 創建は明治6年(1873年)で、本殿と拝殿は、その時に建てられましたが、 明治8年(1875年)に完成した神門は、重要文化財に指定されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四高記念文化交流館

金沢市にある、四高記念館と石川近代文学館の2部門からなる文化施設。 建物は明治24年(1891年)に建てられた旧第四高等中学校本館で、 昭和39年(1964年)まで金沢大学理学部として使用されていたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にし茶屋街

文政3年(1820年)、加賀藩12代藩主前田斉広の公許を得たことにより、 「ひがし茶屋街」と共に誕生した茶屋街で、 金沢三大茶屋街(ひがし茶屋街、主計町茶屋街)の一つに数えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙立寺

金沢市にある、加賀藩第三代藩主前田利常が創建した、日蓮宗の寺院。 金沢城の出城としての要塞の機能を備えた妙立寺は、複雑な建築構造と 外敵を欺く仕掛けから、忍者寺とも呼ばれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登空港

平成15年(2003年)開港で、愛称は「のと里山空港」。滑走路は2000mが 1本で、隣接する航空学校と共用しているそうです。羽田空港との間で、1日 に2往復の便が就航しています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見附島

石川県珠洲市にある島で、能登半島の観光名所の一つ。弘法大師が佐渡 からこの地方に渡ってきた時に、最初に見つけた島というのが名称の由来 とのこと。軍艦島とも呼ばれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能登の塩田

能登では古くから塩づくりが行われて来ているそうです。塩づくりには揚げ浜式 と入浜式の2通りあるそうですが、能登では揚げ浜式。塩づくりの行程を見学 できたり、体験できたりするところもあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白米千枚田

輪島市白米町にある棚田で、国指定文化財名勝、日本の棚田百選の一つ。 約3.8haの範囲に、1面あたり約20㎡の面積で、1004枚あるそうです。 平成23年(2011年)6月、日本で初めて世界農業遺産に認定されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪島キリコ会館

キリコとは能登の祭りで使われる大きな奉燈(御神燈)のこと。キリコ祭りでは、 4階建てのビル程の大きなキリコを氏子たちが担ぎ出し、威勢の良い掛け声と ともに街を練り歩くそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪島朝市

石川県輪島市で開かれている朝市。平安時代からの歴史を持ち、千葉県 の勝浦朝市、岐阜県の宮川朝市と並ぶ日本三大朝市の一つで、観光名所 の一つにもなっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more