テーマ:神奈川

諏訪神社

藤沢市高倉に鎮座し、建御名方神、八坂刀売神をご祭神とする神社。江戸時代初期の寛永2年(1625年)に信濃国一ノ宮諏訪大社から勧請、創建されたと伝えられています。また、拝殿正面に掲げる「諏訪神社」の奉納額は、上高倉出身の元警視総監、法務大臣を務められた秦野章氏の揮毫によるものだそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七ツ木神社

藤沢市高倉に鎮座し、ご祭神を源義朝とする神社。境川・引地川・和泉川流域に点在する「サバ神社」12社中の1社であり、以前は鯖明神社と称していましたが、明治初年に七ツ木神社と改名されたとのことです。文禄年間(1592年~1596年)に、定かではありませんが渋谷義重による創建とのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境川サイクリングロード

藤沢市鵠沼海岸から大和市下鶴間に至る一般県道として認定された総延長24.5kmの自転車道で、正式には神奈川県道451号藤沢大和自転車道線。通称境川自転車道、一般に境川サイクリングロードとも呼ばれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鯖神社

神奈川県中部の境川中流域、横浜市泉区・瀬谷区、藤沢市北部、大和市南部にかけて12社ある「サバ」と読む社名を持つ神社の中の1社。藤沢市湘南台7丁目に鎮座し、ご祭神は源義朝公。創建は元禄15年(1702年)、当地住人井上瀬兵衛によるものとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育地蔵

藤沢市高倉にある東勝寺の北西角に、江戸時代中期に七ツ木村の人々により造立された子育地蔵尊のお堂があります。このお地蔵様の周りにある小石で、子どもの切り傷やおでき、火傷などを撫でると早く治り、また赤ちゃんの歯固めに用いると丈夫な歯が生え、誕生餅と共に背負わせると強い足腰を育むとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊行寺

正式名は藤沢山無量光院清浄光寺といい、通称は遊行寺。正中2年(1325年)に遊行第4代呑海上人が廃寺であった極楽寺を再興したのが始まりとのこと。境内には小栗判官と所縁のある長生院などもあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒川神社

高座郡寒川町に鎮座し、相模国一之宮と称される神社。八方除の守護神として関東一円から参拝者が集まり、正月の三が日には、延べ40万人が初詣に訪れているそうです。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤沢市民まつり(湘南台)

昭和49年(1974年)から始まった藤沢市民まつりは、藤沢駅周辺がメイン会場になりますが、藤沢市北部の湘南台でも、平成16年(2004年)から湘南台ファンタジアが市民まつりに位置づけられて盛大に行われています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湘南台ファンタジア

毎年10月に藤沢市の湘南台で行われるお祭り。様々なイベントが行われますが、1番の呼び物はパレード。パレードの中でも、浅草から参加のサンバチームの踊りが人気です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境川

東京都と神奈川県を流れる川で、河口付近では片瀬川とも呼ばれています。 川の名称は、この川が武蔵国と相模国の国境とされていたことに由来し、現 在でも上流部は、概ね東京都と神奈川県の都県境となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津久井湖城山公園

相模原市の津久井湖畔にある県立公園。ダムの両側の「水の苑地」と「花の 苑地」、津久井城跡を利用した城山南麓の「根小屋地区」の3つの地区があり、 桜の名所としても知られ、丹沢の山々や津久井湖を望む展望も楽しめます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津久井湖

相模原市緑区の相模川本川にある城山ダムの建設により作られた人造湖。 湖畔には津久井湖城山公園の駐車場もあり、桜の季節にはお花見も楽しめ また、釣りやボート遊びも楽しめることから観光客で賑わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津久井城跡

津久井城は現在の相模原市緑区にあった城。戦国時代には後北条氏の 城で武田軍への最前線の城として重要視されていましたが、豊臣秀吉に よる小田原征伐の時に開城し、その後城は廃城となりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯縄神社

相模原市の津久井城跡である城山の山頂近くの飯縄曲輪跡に鎮座する神社。 津久井氏が建久8年(1197年)に、不動明王が変化した軍神と云われる飯縄 権現を津久井城の守護として勧請したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湘南台公園

藤沢市の湘南台駅(小田急線、相鉄線、横浜市営地下鉄)から東に300 m程の、湘南台文化センターの向かい、国道467号線沿いにある公園。 区画整理にあわせて、昭和51年(1976年)に開設されたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道志川

山梨県南都留郡道志村から神奈川県相模原市緑区までを流れる一級河川。 大正時代以降、沿川の水源林の大部分が横浜市の森林計画により保全され ていて、横浜市有道志水源かん養林として水源の森百選に指定されてます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉簾神社

箱根湯本温泉・天成園の敷地内に鎮座する神社。主祭神に箱根大神、相殿に 九頭龍大神・水波能売神・稲荷大神・恵比寿神の神々をお祀りしていて、家内 安全、商売繁盛、開運出世の社として信仰をあつめているとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉簾の滝

足柄下郡箱根町、箱根湯本「ホテル天成園」の敷地内にある滝。飛烟の 滝の隣にあり、高さが約8メートル、幅は約11メートル。流れる水の様子 が「たますだれ」のように美しいことからの命名だそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛烟の滝

箱根湯本の「ホテル天成園」の敷地内にある、高さ約20m、幅約10mの滝。 玉簾の滝のすぐ近くにありますが、玉簾の滝と比べると力強さが感じられま す。「烟」は「けむり」の意味で、水しぶきが煙の様に立ちこめている滝です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

須雲川

大観山を水源とし、箱根湯本で早川に合流する本流と、二子山を源流とする 支流などからなる、早川水系の2級河川。旧東海道も畑宿付近までは須雲川 に沿って造られており、須雲川が流れる谷は箱根越えの要衝となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱根湯本駅

足柄下郡箱根町湯本にある、箱根登山鉄道鉄道線の駅で、駅番号はOH 51。 日本有数の観光地、箱根の玄関駅の一つで、小田急小田原線から特急ロマン スカーおよび通勤電車による各駅停車が当駅まで直通運転を行っています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早川

足柄下郡箱根町の芦ノ湖に源を発し東に流れ、小田原市南町と小田原市 早川の境界から相模湾に注ぐ延長20.65 kmの2級河川。芦ノ湖北端 の湖尻より流下する川が本流の早川と呼ばれるとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源実朝公御首塚

源実朝公の御首塚が秦野市の田原ふるさと公園のすぐ近くにあります。 鎌倉で暗殺された源実朝公の御首は行方不明となりましたが、その後発 見され、ここに埋葬されたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源義経首洗井

源義経は文治5年(1189年)、奥州平泉衣川高舘で自害し、その首は鎌倉 に送られ、腰越の浦で首実検されたとのことです。その後、その首は浜に捨 てられ、ここに流れ着き、里人がこの井戸で洗い清めたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源義経首塚

腰越で首実検されたあと浜に捨てられた源義経の首級は土地の里人に 手厚く葬られ、首塚が造られたとのことです。その塚は現在ではなくなり、 首洗い井戸の傍らに、石碑のみが残されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江ノ島弁財天道標

遊行寺橋は、ここから江の島までの約1里(4km)を結ぶ江の島道の起点。 明治初期まではこの橋の袂に、江の島道の入口を示す江島神社の一の鳥居 と呼ばれた大きな鳥居があり、鳥居の脇には道標が立てられていたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤沢市ふじさわ宿交流館

藤沢市西富の旧東海道沿いにある、藤沢市観光協会が運営する交流館。 旧東海道藤沢宿の歴史、文化に親しむ機会を提供すると共に、地域住民や 来訪客の交流の場として、平成28年(2016年)4月29日に開館しました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸見附跡(藤沢宿)

旧東海道(現県道30号線)遊行寺の傍に、藤沢宿の江戸見附がありまし た。見附とは宿場の出入り口のことで、江戸見附は江戸に近い方の見附 のこと。東海道を下ってきた旅人は、ここから藤沢宿へと入っていきました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一里塚跡(遊行寺坂)

藤沢市大鋸の旧東海道、遊行寺坂の途中にある日本橋から12番目の 一里塚の跡。遊行寺坂は当時は道場坂といい、かなりな急勾配で、その 坂の頂上に一里塚があり、榎が3本植えられていたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長生院

藤沢市の遊行寺本堂の裏手にある時宗のお寺。小栗判官伝説に登場 する照手姫が晩年に住んだという伝説があります。小栗堂との別名を 持ち、境内には小栗判官、照手姫などの墓があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more