テーマ:広島

海上自衛隊呉史料館

「てつのくじら館」の愛称をもつ広島県呉市にある海上自衛隊の広報を目的 とした施設。海上自衛隊の歴史や装備品の紹介などが展示されていますが、 展示の目玉は国内では初めてとなる実物の潜水艦の屋外展示です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦艦陸奥スクリュー

陸奥は日本の力の象徴として日本国民に長く愛された戦艦でしたが、昭和 18年(1943年)6月8日、原因不明の爆発事故を起こし柱島沖で沈没。 戦後に浮揚作業が行われ、日本各地で陸奥の装備が展示されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦艦陸奥主砲(呉)

戦艦陸奥は長門型戦艦の2番艦で、1番艦「長門」と共に、日本の力の象徴 として日本国民に長く愛されました。竣工当時は世界に7隻しか存在しなかっ た40cm砲搭載戦艦として「世界七大戦艦」と呼ばれていました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呉市海事歴史科学館

広島県呉市にある科学館で、愛称は大和ミュージアム。戦前・戦後の呉市 における船舶製造技術を紹介し、旧日本帝国海軍の超大型軍艦「大和」の 建造と軍事活動が展示の中心となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潜水艦あきしお

海上自衛隊の潜水艦で、ゆうしお型潜水艦の7番艦。平成16年(2004年) 3月3日に除籍され、現在は、海上自衛隊呉史料館の屋外展示物として使 用され、内部を見学することが出来ます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

零式艦上戦闘機(大和ミュージアム)

日本の誇る旧帝国海軍の主力戦闘機。零戦の「零式」との名称は、正式 採用された昭和15年(1940年)が皇紀2600年にあたり、その下2桁が 「00」であるため。零戦六二型が大和ミュージアムに展示されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九一式徹甲弾

大日本帝国海軍が戦艦・巡洋艦用に開発した徹甲弾で、目標の手前に落 下した砲弾が、水中である程度の距離を水平に直進し、艦船の水中防御部 に命中する水中弾効果を持つ砲弾。戦艦大和にも搭載されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島栄エンジン

第二次世界大戦期に中島飛行機が開発・製造した空冷星型航空機用 レシプロエンジン。零式艦上戦闘機・一式戦闘機「隼」のエンジンとして 有名であり、合計33233台製造されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特殊潜航艇海龍

大日本帝国海軍の特殊潜航艇の一種で、敵艦に対して魚雷もしくは体当り により攻撃を行う二人乗りの有翼特殊潜航艇・水中特攻兵器。広島県呉市 の大和ミュージアムに展示されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦艦大和(模型)

戦艦大和は大和型戦艦の1番艦。2番艦「武蔵」とともに史上最大にして、 唯一46センチ砲を搭載した戦艦。昭和20年(1945年)4月7日特攻作戦 に参加し沈没。 大和ミュージアムに1/10の模型が展示されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和のふるさと

広島の呉海軍工廠では、戦艦大和、戦艦長門、空母赤城等の数々の艦船 が建造されました。戦艦大和を建造したドックは埋め立てられ、現在は上屋 (骨組みは当時のまま)だけが残されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺直己歌碑

渡辺直己は呉市出身の歌人で、昭和14年(1939年)8月21日に戦死。    ほそぼそと 虧けたる月に対ひつつ 戦は竟に寂しきものか 故郷の広島県呉市にある「歴史の見える丘」に歌碑が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噫戦艦大和之塔

戦艦大和を建造した旧呉海軍工廠を望む「歴史の見える丘公園」に、昭和44 (1969年)の第30回大和進水日(8月8日)を記念して呉大和会により建てら れた記念碑。大和の艦橋をかたどった塔で、主砲徹甲弾も展示されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呉海軍工廠跡

明治22年(1889年)呉鎮守府設置と同時に「造船部」が設置され、明治36年 (1903年)に日本海軍の組織改編で呉海軍工廠が誕生。その後は東洋一と呼 ばれるほどにまで設備を充実させ、日本海軍艦艇建造の中心地となりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

造船船渠記念碑

呉市の歴史の見える丘にある記念碑。戦艦大和をはじめ、時代を代表する 商船を数多く建造した旧呉海軍工廠造船船渠(ドック)が埋め立てられること になり、ドックの壁石を使ってドックの底に下りる階段を再現したものです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大講堂(江田島)

江田島にある旧海軍兵学校時代からの大講堂。大正6年(1917年)に兵学 校生徒の入校式、卒業式また精神教育の場として建築され、現在も、幹部候 補生、第1術科学校の学生等の入校式、卒業式等儀式に使用されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦艦大和主砲弾・特殊潜航艇

旧海軍兵学校の教育参考館の前に展示されている戦艦大和の主砲弾と 特殊潜航艇。この特殊潜航艇は、真珠湾攻撃に参加した5隻の中の1隻 で、昭和35年に真珠湾沖で米海軍により引き揚げられたものです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育参考館(江田島)

広島県の江田島にある展示資料館で、海軍兵学校卒業生の積立金及び 一般企業等の寄付をもって、昭和11年(1936年)に建築されたそうです。 内部には、旧日本海軍に関する貴重な資料が数多く展示されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海軍兵学校生徒館(江田島)

広島県の江田島にある、通称「赤レンガ」とも呼ばれる旧海軍兵学校の象徴 ともいえる建物。明治26年(1893年)に海軍兵学校生徒館として生徒の教 育のため建築され、現在は海上自衛隊幹部候補生学校庁舎になっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厳島合戦跡

厳島合戦は、天文24年(1555年)10月1日に、安芸国厳島で毛利元就と 陶晴賢との間で行なわれた合戦。厳島に陣を張った約2万の陶晴賢の軍に 約3千5百の毛利軍が奇襲をかけ、毛利軍の大勝利となりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厳島神社

創建は推古天皇の時代とされ、1400年の歴史を誇る神社。平家一門の 氏神として崇敬され、平家納経も奉納されました。日本三景の一つであり、 ユネスコの世界文化遺産にも登録されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獅子岩展望台

厳島神社の裏手にある山頂の展望台。宮島ロープウェイの終点駅である 獅子岩駅(標高約433m)から直ぐ近くの所にあり、瀬戸内海の眺望が楽 しめます。弥山の展望台には、ここから約30分の歩行が必要となります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弥山

宮島の中央部にある標高535mの古くからの信仰の対象になっている山。 周辺海域及び島全体として瀬戸内海国立公園内に位置していて、弥山の 山麓はユネスコの世界遺産「厳島神社」の登録区域の一部となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮島ロープウェイ

厳島神社の背後にある弥山に通じるロープウェイ。途中駅で循環式から 交走式に乗り換えるという日本では珍しい運行形式で、高低差約400m、 営業距離約1.6kmを約14分で結んでいます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後白河法皇御行幸松

厳島神社の社殿の裏手にある、後白河法皇のお手植えとされる松の遺木。 承安4年(1174年)3月、後白河院は平清盛の義理の妹でもある滋子を伴い 厳島神社に参詣し、回廊の下の波や山の緑といった風景を楽しんだそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反橋(厳島神社)

厳島神社の裏手にあり、陸地と社殿とを結ぶ橋。朝廷からの勅使が参拝す るときにこの橋を渡って本殿に向かったと伝わっていて、勅使橋とも呼ばれ ています。長さ23m、幅4mの橋で、国の重要文化財に指定されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五重塔(宮島)

宮島の厳島神社の北側の丘の上に建つ、高さ27.6mある応永14年 (1407年)に建立されたもの伝わる五重塔。正式には厳島神社・五重塔 ではなく、「厳島神社の末社・豊国神社の五重塔」とのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

康頼灯篭

宮島の厳島神社の境内、卒塔婆石の直ぐ傍にある石灯籠。鬼界ヶ島から 流した千本の卒塔婆のうちの一本が幸運にも厳島神社に流れ着き、康頼 は許され、それに感謝した康頼が寄進したと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒塔婆石

安芸の宮島の厳島神社の境内にある、卒塔婆が流れ着いたと伝わる石。 鹿ケ谷事件に連座し、鬼界ヶ島に流されていた平康頼が、千本の卒塔婆に 望郷の歌を記し海に流したところ、1本がここに流れ着いたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鏡の池

厳島神社の境内にあり、清水が湧き出ていて干潮時にしか姿を見せない 円形の池。形が手鏡に似ていることから鏡の池と呼ばれているとのこと。 池の水面に映る月の姿は美しく、厳島八景の一つにもなっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more