テーマ:東京多摩地域

境川

東京都と神奈川県を流れる川で、河口付近では片瀬川とも呼ばれています。 川の名称は、この川が武蔵国と相模国の国境とされていたことに由来し、現 在でも上流部は、概ね東京都と神奈川県の都県境となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋是清邸

明治から昭和の初めにかけて日本の政治を担った高橋是清の住まいの主屋 部分が、東京都港区赤坂から東京都小金井市の江戸東京たてもの園に移築 されたものです。2・26事件で高橋是清が暗殺された部屋が残されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都電7514号

東京都交通局7500形電車は、昭和37年(1962年)に登場した都電車両。 7514号が昭和53年(1978年)の除籍後、平成11年(1999年)に整備さ れ、江戸東京たてもの園で展示物として静態保存されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸東京たてもの園

東京都小金井市の都立小金井公園内に設置された野外博物館で、東京都 墨田区にある東京都江戸東京博物館の分館。高い文化的価値のある江戸 時代から昭和初期までの30棟の建造物が移築復元され展示されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋是清暗殺現場

高橋是清は第20代内閣総理大臣で、総理大臣としてよりも大蔵大臣として の評価の方が高い政治家。二・二六事件において、赤坂の自宅二階で反乱 軍の青年将校らに胸を6発撃たれ暗殺されました。享年83(満81歳没)  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

払沢の滝

東京都西多摩郡檜原村にある滝で、日本の滝百選の一つ。4段からなり、 1段目が26mで、落差の合計が60mの滝。檜原村で最大の観光名所で、 毎年8月中旬には滝祭りが行われ、滝のライトアップが行われるそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR町田駅

東京都町田市原町田にある東日本旅客鉄道(JR東日本)横浜線の駅。 すぐ近くに小田急小田原線の町田駅があり、接続駅となっていますが、 別駅扱いのために連絡運輸は設けられていません。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大久保長安陣屋跡 井戸

大久保長安は、武田氏滅亡後徳川家康に召しかかえられ、各地の金銀山を 開発し、わずかな期間で産出量を伸ばし江戸幕府財政の基礎を築いた人物。 八王子の大久保長安陣屋跡に、当時のものと伝わる井戸が残されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大久保長安陣屋跡

大久保石見守長安は、江戸幕府勘定奉行、老中となった徳川家の家臣で、 家康から八王子三万石を与えられ、現在の小門町に陣屋を構えました。 八王子では、甲州街道を開いて宿場の建設を進め、千人同心をおきました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産千代稲荷神社

東京都八王子市小門町の、大久保長安陣屋跡に鎮座する神社。 当地に陣屋を構えた大久保長安が、敷地の西南のこの場所に、鬼門除け、 五穀豊穣、殖産興業の神として倉稲魂命を奉斎し創建した神社とのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追分の道標

東京都八王子市の国道20号線、追分交差点近くにある道標。 文化8年(1811年)6月、江戸の清八という人が甲州街道の、新宿、八王子、 浅川、の3追分に建てて、通行者の道しるべに供した道標の一つとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八王子千人同心屋敷跡記念碑

八王子千人同心は、江戸幕府の職制のひとつで、、武蔵と甲斐の境界で あった八王子に配置された郷士身分の幕臣集団。慶長5年(1600年)に 発足し、当初は代官頭大久保長安が統括したとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士塚(八王子浅間神社)

富士塚は、富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚。 浅間神社の境内にあり、また本物の富士山の山頂にある浅間神社奥宮に 対応するように、こちらの山頂にも宮が設けられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅間神社(八王子)

浅間神社は、富士信仰に基づいて富士山を神格化した浅間大神(浅間神)、 または浅間神を記紀神話に現れる木花咲耶姫命と見てこれを祀る神社。 東京都八王子市の富士森公園内にも、浅間神社が鎮座しています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

興林寺

八王子市にある、天文12年(1543年)の創立と伝わる浄土宗のお寺。 大久保長安が、越後から上杉謙信遺愛の石燈籠を小門の自庭に持って きて、その後本堂後に移したたそうですが、現存はしていないとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘安の板碑

東京都八王子市子安町の興林寺境内にある、高さ111cmの板碑。 大正の中頃に、歴代住職の墓地に頭部が少し見える状態で埋まっていた ものを掘り出して、現在の位置に保管するようになったと云われています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山薬王院

東京都八王子市高尾町にある寺院で、正式名は「高尾山薬王院有喜寺」。 天平16年(744年)、東国鎮守の祈願所として行基菩薩による開山とのこと。 創建当時は薬師如来が本尊だったことで、薬王院と呼ばれているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山

東京都八王子市にある標高599mの山で、中腹には薬王院があります。 ケーブルカー等を利用して気軽に登山できることから、老若男女に親しまれ、 年間の登山者数は260万人を超えて、登山者数は世界一だそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山ケーブルカー

高尾山の麓にある清滝駅と山腹にある高尾山駅を結ぶケーブルカー。 標高差は271mで、最大斜度は日本一の31°。 昭和2年の開業以来、高尾山を訪れる人々に親しまれ利用されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横田基地

東京都多摩地区にある飛行場で、航空自衛隊基地及び 在日米軍司令部と第5空軍司令部が置かれ、極東における米軍主要基地。 年に一度、「横田基地日米友好祭」があり、基地の中に入ることができます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青梅梅郷(青梅市梅の公園)

東京の郊外、日の出山から伸びる丘陵と多摩川との間の長さ4kmほどの 地域に25,000本の梅が植えられていた、関東地方で有数の観梅の名所。 しかし、平成26年(2014年)、梅の木の感染病のため、全て伐採されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天澤院

青梅市の「梅の公園」の直ぐ傍にある曹洞宗のお寺で、本尊は釈迦如来。 慶長8年(1603年)に天江東岳による開山で、山号は梅林山といいます。 奥多摩新四国霊場八十八ヶ所13番ということです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩駅

東京都西多摩郡奥多摩町にある、JR東日本青梅線の終着駅。東京都内で最 も西、また標高は343mで、東京都内にあるJRの駅の中では最も高いところ にあります。平成9年(1997年)には、「関東の駅百選」に認定されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩湖

正式名称を小河内貯水池と言い、東京都西多摩郡奥多摩町と山梨県北都 留郡丹波山村、同県同郡小菅村に跨る東京都水道局管理の人造湖。都民 の水ガメと云われ、水道専用貯水池としては日本最大級を誇っています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小河内ダム

東京都奥多摩町、標高530mのところにある有効貯水量が185400千m³ のダム。小河内ダムの完成当時、東京の水源は主に多摩川水系に依存し ていましたが、現在は都の水源の約20%となっているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道了堂跡

東京都八王子市鑓水の現在の大塚山公園内にある絹の道(神奈川往還)に 関連する文化財。明治7年(1874年)に鑓水商人が浅草花川戸から道了尊 を勧請したことが始まりとのことですが、現在はその跡があるのみです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚山公園

かつての絹の道(神奈川往還)の中継地点であった所を八王子市が平成2年 (1990年)に整備した公園。公園内には道了堂跡をはじめ、石段や石灯籠 などが残っていて、また、公園の入り口には絹の道の碑が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絹の道

幕末から明治時代にかけて、八王子から横浜まで生糸をや絹織物が運んだ 裏街道として繁栄した道。御殿橋から「絹の道」碑までの約1.5 kmの区間 は八王子市の史跡に指定されており、「歴史の道百選」にも選ばれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八王子市絹の道資料館

東京都八王子市鑓水にある絹の道に関する資料館。この資料館は鑓水の 生糸商で「石垣大尽」と呼ばれた八木下要右衛門家屋敷跡に、木造の門や 入母屋屋根を持つ建物をつくり、平成2年(1990年)3月に開館しました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝山城跡

永正18年(1521年)、山之内上杉家の大石定重による築城と伝わる城で、 川越夜戦により北条氏が武蔵国を掌握すると、北条氏の支城になりました。 その後、この地域の北条氏の軍事拠点は、八王子城へと移されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more