テーマ:神社

佐婆神社

佐婆神社は中之宮左馬神社、下和泉鯖神社と同じようにサバ神社の一社。御祭神は左馬頭源満仲のほか木花咲耶姫命が祭神。勧請年代は不詳ですが、江戸時代初期の慶長年中(1596年~1615年)、 或いは寛文年中(1661年~1673年)などの説があるそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諏訪神社

藤沢市高倉に鎮座し、建御名方神、八坂刀売神をご祭神とする神社。江戸時代初期の寛永2年(1625年)に信濃国一ノ宮諏訪大社から勧請、創建されたと伝えられています。また、拝殿正面に掲げる「諏訪神社」の奉納額は、上高倉出身の元警視総監、法務大臣を務められた秦野章氏の揮毫によるものだそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相州春日神社

横浜市戸塚区の俣野公園(横浜ドリームランド跡地)に隣接して鎮座する神社。横浜ドリームランドの建設に際して発展と繁盛を願い、昭和39年(1964年)8月に奈良ドリームランドのある奈良市の春日大社の分霊を勧請し、敷地内に「ドリームランド春日神社」として建立された神社です。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯田神社

横浜市泉区上飯田町にある神社で、祭神は左馬頭源義朝。創建年代は不詳ですが、飯田五郎家義(12世紀後半)が創建したとも飯田三郎能信が延応元年(1293年)奉幣したとも伝えられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七ツ木神社

藤沢市高倉に鎮座し、ご祭神を源義朝とする神社。境川・引地川・和泉川流域に点在する「サバ神社」12社中の1社であり、以前は鯖明神社と称していましたが、明治初年に七ツ木神社と改名されたとのことです。文禄年間(1592年~1596年)に、定かではありませんが渋谷義重による創建とのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鯖神社

神奈川県中部の境川中流域、横浜市泉区・瀬谷区、藤沢市北部、大和市南部にかけて12社ある「サバ」と読む社名を持つ神社の中の1社。藤沢市湘南台7丁目に鎮座し、ご祭神は源義朝公。創建は元禄15年(1702年)、当地住人井上瀬兵衛によるものとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久能山東照宮

静岡市駿河区根古屋に所在する神社。元々はこの地には久能城がありましたが、晩年を駿府で過ごした徳川家康が元和2年(1616年)に死去した後、遺命によってこの地に埋葬され東照宮となりました。 翌年の元和3年(1617年)に家康の墓は下野国日光に改葬され、それが日光東照宮となっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽車神社と二代目羽衣の松

二代目「羽衣の松」は樹齢650年のクロマツで、立ち枯れが進んだために平成25年(2013年)7月3日に約3mの幹を残して伐採されました。その隣に御穂神社の離宮として鎮座するのが羽車神社で、羽車に乗って三保の松原へ降りた神様はこの羽車神社に鎮座されたと云う伝説のある神社です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三峯神社

秩父市三峰に鎮座する神社で、秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社。日本武尊が東征中に創建し、景行天皇が社地を囲む、白岩山・妙法ヶ岳・雲取山の三山を賞でて「三峯宮」の社号を授けたと伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第六天神社(泉区)

横浜市泉区和泉町に鎮座する第六天神社で、ご祭神は天神第六代の面足能命、惶根能命の二柱。江戸時代初期の延宝年間に領主の松平五郎兵衛甫昌が当社を崇敬し、たびたびお参りしたという伝承があるそうです。また、この神社の東側に酒湧地または弁天地と呼ばれる泉があり、この泉には孝子伝説が伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千本鳥居

東京都千代田永田町に鎮座する山王日枝神社にある千本鳥居。山王日枝神社の末社である山王稲荷神社に通じる稲荷参道と呼ばれる石段に、沢山の朱色の鳥居が見事にたち並んでいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日枝神社

東京都千代田区永田町にある神社。太田道灌が江戸城築城にあたり川越日枝神社を勧請したのに始まりで、徳川家康が江戸に移封された際に城内の紅葉山に遷座して江戸城の鎮守としたそうです。 その後、明暦の大火で社殿焼失のため、万治2年(1659年)、江戸城の裏鬼門にあたるこの地に遷座したとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮

東京都渋谷区に鎮座し、明治天皇と昭憲皇太后をご祭神とする神社。境内には多くの樹木が育ち神宮の森とも呼ばれ、都心部の貴重な緑地として親しまれています。また、初詣では例年日本一の参拝者数を誇っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒川神社

高座郡寒川町に鎮座し、相模国一之宮と称される神社。八方除の守護神として関東一円から参拝者が集まり、正月の三が日には、延べ40万人が初詣に訪れているそうです。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上田神明社

横浜市旭区南本宿町、こども自然公園の東方に鎮座する神社で、ご祭神は伊弉諾尊、伊弉冊尊。創建年代等は不詳ですが、社殿は文久元年(1861)の建立とのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十和田神社

十和田湖の青森県側、休屋に鎮座する神社で、ご祭神は日本武尊。創建の由来説には2つあり、一つは大同2年(807年)、征夷大将軍・坂上田村麻呂が創建したとする説。もう一つは、八郎太郎という八頭の大蛇を南祖坊が退治たという伝説があり、南祖坊を青龍権現としてこの地に崇め祀ったとの説だそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真山神社

秋田県男鹿半島に鎮座する景行天皇年代の創建と伝わる神社。ナマハゲ発祥の地の一つとしても古くから信仰を集めています。近くには、男鹿真山伝承館、なまはげ館、万体仏などの見どころもあります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城県護国神社

宮城県仙台市にある青葉山の仙台城(青葉城)本丸跡に創建された神社。明治維新以降の諸事変、戦役における宮城県関係あるいは縁故のある戦死・殉難者、5万6千余柱を祀っています。仙台空襲で焼失した社殿は、昭和33年(1958年)に伊勢神宮別宮「風宮」の旧社殿を移築して復興したそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉宮

明治2年(1869年)、明治天皇の命により造営された神社。祭神は、建武の中興に功績の大きかった大塔宮護良親王。大塔宮護良親王は、この地にあった東光寺の牢で殺害されました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵柄天神社

菅原道真を祭神とし、大宰府天満宮、北野天満宮と並ぶ三天神社の一つ。鎌倉に幕府を開いた源頼朝が鬼門の守護神と仰ぎ、改めて社殿を造。学問の神様として、受験シーズンには沢山の参拝者で賑わいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴岡八幡宮

宇佐八幡、石清水八幡宮、筥箱崎宮と並ぶ代表的な八幡宮で、源頼朝が鎌倉に本拠を定めたとき、鶴岡若宮をこの地に移したのが始まり。鎌倉武士の守護神として崇拝され、 境内は国の史跡に指定されています。   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛇苦止堂

建仁3年(1203年)の比企の乱で、比企の娘の若狭局は井戸に投身自殺しました。その後、文応元年(1260年)、北条政村の娘が若狭局の霊に祟られたので、政村が若狭局を蛇苦止明神として、この蛇苦止堂に祀ったと伝わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

由比若宮(元八幡)

康平6年(1063年)に、源頼義が石清水八幡宮を勧請してできた神社で、鶴岡八幡宮はこの神社をここから移動させたものです。境内には、源義家が旗を立てたといわれる「旗立の松」も残っています。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神谷神社

香川県の坂出市東部、五色台の一峰・白峰山の麓に鎮座する神社。 社伝によると、弘仁3年(812年)に空海の叔父にあたる阿刀大足が社殿を造営し、相殿に春日四神を勧進したのが始まりとのこと。本殿は造営年代が明らかな流造社殿の中では最古のもので、国宝に指定されています。    
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高家神社(血の宮)

香川県坂出市高屋町に鎮座する神社。白峰山に崇徳上皇の御遺体を運ぶ途中、棺をおろして休めたそうですが、その時に、棺をおいた六角の石に少し血がこぼれたと伝わっています。葬祭後、里の人は、当社に崇徳上皇を合祀し、六角の石も当社に納めました。それが当社が「血の宮」と言われている理由とのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼓岡神社

香川県坂出市に、ご祭神を崇徳上皇として鎮座する神社。この辺りは昔国司庁があり、文化の中心として栄えたところだったそうです。雲井御所からこの地に移られた崇徳上皇が、長寛2年8月に崩ぜられるまでの6年間、過ごされた場所とのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白峰宮

香川県坂出市に鎮座する神社で主祭神は崇徳上皇。崇徳上皇は保元の乱に敗れ讃岐国へ配流されましたが、長寛2年(1164年)に崩御されました。上皇の崩御後、ご遺体を当地の清水に浸しておいたところ毎夜この辺りから神光が輝いたことから、二条天皇の宣旨を受け同年に造営されたと伝えられています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安徳天皇社

寿永2年(1183年)、平宗盛は安徳天皇を奉じて一の谷から屋島に着ました。ここは檀の浦の入江にのぞみ、後ろに険しい屋島の峰、東に八栗の山をひかえ、戦には地の利を得たところであったので宗盛は、行宮を建て将士の陣営をつくりました。安徳天皇社のあたりが行宮跡であったといわれています。     
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御嶽神社(太田市)

群馬県太田市の金山城の本丸跡、新田神社に隣接して鎮座する神社。 国乃常立神、大己貴神、小彦名神、をご祭神とし、明治時代の初期に 本殿、社殿が建てられ、明治8年に無格社に列せられたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新田神社

群馬県太田市の新田金山に築城された戦国時代の新田金山城の本丸跡 とされている山上に鎮座している神社。新田義貞公を祀り「初志貫徹」の神 様として崇敬されているとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more