テーマ:千葉

成田国際空港

千葉県成田市の三里塚地区にある国際空港。かつての正式名称は「新東京 国際空港」でしたが平成16年(2004年)に改称されました。航空機発着回数、 航空旅客数、空港敷地面積など、東京国際空港(羽田)に次ぐ国際空港です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸定歴史館

千葉県松戸市の戸定が丘歴史公園内、戸定邸に隣接する博物館。 徳川昭武の遺品を中心とする松戸徳川家伝来品、徳川慶喜家伝来品、 慶応3年(1867)年のパリ万国博覧会関係資料の展示を行っています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸定邸

千葉県松戸市松戸にある、水戸藩最後の藩主、徳川昭武が造った別邸。 国の重要文化財で、重要文化財指定名称は、旧徳川家住宅松戸戸定邸。 現在は、松戸市に寄贈され、「戸定が丘歴史公園」として整備されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸川

利根川水系の分流で、関東地方(茨城県、千葉県、埼玉県、東京都) を流れる、流路延長59.5km(旧江戸川河口より)の一級河川。 千葉県市川市付近で江戸川と旧江戸川に分かれ、東京湾に注いでいます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亥鼻城

大治元年(1126年)に千葉常重が築城した、現在の千葉市にあった城。 城跡は明治42年(1909年)以降公園として開放され、昭和34年(1988年) に歴史公園「亥鼻公園」として整備され、模擬天守閣が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉常胤像

千葉常胤は、平安時代末期から鎌倉時代前期の武将で、千葉家中興の祖。 安房に上陸した源頼朝が鎌倉に向かう途中の9月17日に、千葉常胤は 一族300騎を率いて下総国府に赴き、頼朝に参陣したと伝えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉城

千葉県千葉市にあった亥鼻城跡に、昭和42年(1967年)に建てられた、 鉄筋コンクリート構造の千葉市立郷土博物館で、通称は千葉城。 千葉氏に関する資料の展示や調査研究が中心的なテーマだそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胤重寺

千葉市中央区市場町、千葉城から直ぐ近くの所にある浄土宗のお寺。 千葉氏の支族である武石胤重の後裔で僧となった雲巌が開基となり、 永禄年間(1558-1570)に創建したと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君待橋之碑

君待橋という名前の由来のいくつかある伝承の一つが、冶承4年(1080年)、 千葉常胤一族が源頼朝をこの橋の袂に出迎えたことからとのこと。 現在の「君待ち橋」は、ここから北方約200mの都川に架けられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神明神社

千葉県千葉市中央区神明町に鎮座する、天照大御神をご祭神とする神社。 元々は「結城神明」と呼ばれており、一説には、寒川神社の本社だったとも。 境内には、樹齢900年と云われる「御神木」の大きな銀杏の木があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白幡神社

治承4年(1180年)9月17日、源頼朝が千葉城の城主千葉常胤に味方する ように求めた際、結城稲荷の境内に源氏の白旗をたてて奉納したとのこと。 それ以降白旗大明神と称し、明治に至って白幡神社と社号を改めたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君待橋

千葉県千葉市中央区、JR本千葉駅の西側を流れる都川に架かる橋。 かつては此処より100m程南に新川と呼ばれる川があり、そこに「君待橋」 がありましたが、その橋は取り壊され、こちに新しく架けられたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大蘇鉄(日本寺)

千葉県鋸南町の日本寺境内にある、頼朝手植えと伝えられている蘇鉄。 石橋山の戦いに敗れた源頼朝は、房州に逃れ再起を図った折に、 日本寺で武運を祈願し、自ら蘇鉄を手植えしたと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鋸山

房総半島の南部、千葉県安房郡鋸南町と富津市の境に位置する山。 露出した山肌の岩が鋸の歯状に見えることから鋸山と呼ばれ、 眺望は素晴らしく、東京湾一帯~伊豆大島まで見渡すことができます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本寺

千葉県鋸南町にあるお寺で、日本寺大仏があることで知られています。 聖武天皇の勅願により行基によって開山されたとされ、その後、隆盛と衰退を 繰り返しましたが、復興には源頼朝や足利尊氏の援助を受けたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼朝上陸地

伊豆・蛭ヶ小島で挙兵した源頼朝は、石橋山の合戦で敗れ、真鶴岬から 小船で安房国へ逃れ、現在の竜島付近に上陸したとされています。 源頼朝の安房上陸は、治承4年(1180年)8月29日と伝えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那古寺

千葉県館山市にある、真言宗智山派のお寺で、通称は那古観音。 行基が元正天皇の病気平癒のため、千手観世音菩薩をこの地に安置し祈願 すると、病気は平癒したため、天皇の勅によりこの寺が建てられたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェイクスピアカントリーパーク

千葉県安房郡丸山町にある、シェイクスピアに因んだ元テーマパーク。 シェイクスピアが晩年を過ごしたニュープレイスが再現されていますが、 現在は、見学コースの営業は終了しているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里見城跡

豊臣秀吉が後北条氏を滅ぼした直後、天正19年(1591年)頃、里見義康 は居城を館山城へ移し、館山湾に面した新井浦を港として城下町を建設、 この城下町が現在の館山市街地の原形となっているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館山城

千葉県館山市館山にあった、里見義頼によって築城されたとされる城。 現在建つ天守は、昭和57年(1982年)に丸岡城を模して再建された模擬 天守閣で、館山市立博物館分館(八犬伝博物館)として利用されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洲崎神社(館山)

千葉県館山市洲崎に鎮座し、江戸時代に安房国一宮とされた神社。 治承4年(1180年)、安房に逃れた源頼朝は、上総介及び千葉介へ参上を 要請する使者を送り、洲崎神社へ参拝して交渉の成功を祈願したそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経塚(下立松原神社)

千葉県南房総市千倉町牧田に鎮座する、下立松原神社の境内にある経塚。 源頼朝が自ら書写し奉納したと伝わる大般若経600巻が、江戸時代中期の 明和9年(1772年)に経塚に納められたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下立松原神社

千葉県南房総市千倉町にある、神武天皇元年の創建と伝えられている神社。 「義経記」によると、石橋山の合戦に敗れた源頼朝は安房に逃げのび、まず、 洲崎神社に参拝した後、瀧口大明神(当社)で一夜を明かしたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仁右衛門島

千葉県鴨川市太海の沖合約200mにある、周囲約4kmの個人所有の島。 石橋山の戦いに敗れた源頼朝が安房に逃れた際、平野仁右衛門に助けられ、 この島で平家軍から一時身を隠し、巻き返しを図ったと伝えられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡し舟(仁右衛門島)

千葉県鴨川市太海の仁右衛門島に渡る、珍しい二丁櫓の手こぎの渡し船。 本土の船着き場から仁右衛門島までは僅かな距離で、泳いでも渡れそうで すが、泳いで渡っても、島へ渡る料金は、同額が必要だそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼朝隠れ穴

千葉県鴨川市太海の仁右衛門島内にある、源頼朝が隠れたと伝わる洞窟。 石橋山の戦で大敗した源頼朝は、九死に一生を得て安房の国に逃れてきま したが、平野仁右衛門に助けられ、この島に一時身を隠していたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神楽岩

日蓮聖人が青年時代に清澄山の清澄寺で修行中に仁右衛門島に来て、 島の東側にある神楽岩のところで朝日を拝んだと伝えられるところです。 その後の建長5年(1253年)、島主の平野家は法華宗に改宗したそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一戦場

千葉県鴨川市にある古戦場で、現在は魚見塚一戦場公園になっています。 石橋山合戦で敗れた源頼朝が安房に逃れて来た際に、この場所で地元の 豪族との戦いに勝って天下取りの足掛かりを作ったと伝わっている場所です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚見塚展望台

千葉県鴨川市にある魚見塚一戦場公園内にある展望台で、女神像「暁風」 が建っていて、前原海岸や鴨川松島、仁右衛門島、鴨川市街が一望できます。 古来、漁師達が沖の魚を見張っていた場所として「魚見塚」となったそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の沙漠

「月の沙漠」は、日本の画家・詩人である加藤まさをの作品の一つで、 作曲家の佐々木すぐるによって曲を付けられ、童謡として有名になりました。 千葉県の御宿海岸には、「月の沙漠」像と歌碑が建てられています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more