テーマ:青森

十和田湖遊覧船

十和田湖には、子ノ口と休屋の2カ所に国の地方港湾に指定されている港があり、この2港をつなぐコースと、休屋から出港し休屋に戻って来るコースの2コースの遊覧コースがあります。どちらのコースも所要時間は約50分で、湖上から十和田湖の自然が楽しめます。なお、冬季は運航されていません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十和田神社

十和田湖の青森県側、休屋に鎮座する神社で、ご祭神は日本武尊。創建の由来説には2つあり、一つは大同2年(807年)、征夷大将軍・坂上田村麻呂が創建したとする説。もう一つは、八郎太郎という八頭の大蛇を南祖坊が退治たという伝説があり、南祖坊を青龍権現としてこの地に崇め祀ったとの説だそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙女の像

十和田湖畔にある有名なブロンズ像。十和田湖国立公園指定15周年を記念して昭和28年(1952年)に建てられました。彫刻家でもあり詩人でもある高村光太郎の最後の作品とのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十和田湖

秋田県と青森県にまたがる美しい湖で、十和田八幡平国立公園の中にある日本を代表する観光地。十和田火山の噴火で形成された二重カルデラ湖で、現在も活火山に指定されています。和井内貞行のヒメマス放流の話でも有名な湖です。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青池

青森県の十二湖にある、その水の青さから「青池」と呼ばれている十二湖を 代表する池。水の青さの原因は分かっていないそうですが、銅イオンなどが 水に溶けて、青いのではないのかとも考えられているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十二湖ビジターセンター

青森県西津軽郡深浦町にある十二湖のビジターセンター。津軽国定公園 十二湖全体の模型や付近に住む動植物に関する資料の閲覧ができ、また、 隣接するイトウの養殖場では、「幻の魚イトウ」を間近に見ることもできます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銚子大滝

奥入瀬渓流本流にある唯一の滝。 幅が約15m、落差は約7mあり、水量も多く見事な滝です。。 この滝があるために、十和田湖には魚が棲まなかったと言われています。   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥入瀬渓流

十和田湖から流れ出る美しい渓流です。 十和田八幡平国立公園に属し、国指定の特別名勝および天然記念物。 新緑や紅葉の時期は大勢の観光客で賑わいます。   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石ヶ戸

奥入瀬渓流のほぼ中間地点にあり、休憩所も完備した奥入瀬散策の拠点。 「石ヶ戸」というのは、この地方の方言で「石でできた小屋」という意味とのこと。 地名の由来となった、桂の木に支えられた大きな一枚岩が渓流脇にあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子ノ口

十和田湖の唯一の流出河川である奥入瀬川が流れ出ている地点。 JRバス東北の発着駅や何軒かの土産物店などもあり、 奥入瀬渓流の散策拠点、また十和田湖の東の玄関口でもあるところです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十二湖

青森県西津軽郡深浦町にある複数の湖の総称で、津軽国定公園の一部。 水質の良い水が各所で湧き、実際の湖の数は33ほどありるそうです。 凝灰岩のむき出しになった日本キャニオンもすぐ近くにあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘前病院

前身は、明治30年に設立された、弘前衛戍病院。 弘前病院の広報誌72号によると、八甲田山雪中行軍で遭難し救助された 山口少佐が運び込まれたのは、この病院だそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三内丸山遺跡

青森県青森市郊外にある縄文時代の大規模な遺跡で、建物群跡から、 最盛期の縄文時代中期後半には、約500人の居住者がいたとも推定され、 縄文時代の文化がかなり進んだものであったことを示しています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青森市森林博物館

青森市柳川にある森林に関する総合博物館。明治41年(1908年)築の ルネッサンス様式木造洋式建築で、特別に復元されている営林局長室は、 映画「八甲田山」の撮影に使用されたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘前ミニチュア建造物

青森県弘前の追手門広場内にある14棟のミニチュアの建物群。明治期 から大正期に、弘前市内に実際にあった建物を10分の1で再現。近くに ある実際の洋館と大きさを比べてみることができます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧弘前市立図書館

明治39年(1906年)に市内の篤志家により建設されて市に寄贈された建物。 昭和5年(1930年)に民間に払い下げられましたが、平成元年(1989年)に 市が再取得し、市立郷土文学館の施設として保存・一般公開されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘前城

江戸時代に建造された天守や櫓等が現存し、国の史跡に指定されている城。 江戸時代には、弘前藩4万7千石の居城として津軽地方の中心でした。現在 は弘前公園として整備され、桜の名所として全国的に有名です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津軽為信像

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将で、陸奥弘前藩初代藩主。 津軽為信が鷹岡(現在の弘前)に築城を開始して、それが弘前の街の始まり。 津軽氏が代々弘前藩の藩主となり、明治維新まで続きました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねぷた

弘前ねぷたは、弘前四大まつりの一つの夏祭りで、 大勢の市民が、武者絵を描いた大きな山車を引いて、市内を練り歩くそうです。 ねぷたの山車が、弘前市立観光館に展示されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スバル360

富士重工業が航空機技術を応用して制作した軽自動車の傑作車。 日本最初の大衆車と云われ、モータリゼーション推進の一翼を担いました。 親善交流記念として群馬県太田市から青森県弘前市へ寄贈されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第8師団司令部跡

第8師団は旧日本帝国陸軍の師団の一つで、弘前に司令部がありました。 日露戦争に備えての雪中訓練を実施して遭難したのが八甲田山雪中行軍。 司令部の跡地は現在、弘前大学農学生命科学部になっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弘前歩兵第31連隊営門跡

八甲田山雪中行軍に参加したのは、弘前歩兵第31連隊と青森歩兵第5連隊。 弘前歩兵第31連隊は、明治35年(1902年)1月20日にこの営門を出発し、 11泊12日の行程で37名が雪の八甲田山の踏破に成功しました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青函トンネル記念館

青函トンネルは海底下約100mを通る総延長53.85kmの海底トンネル。 昭和39年(1964年)に着工し、昭和63年(1988年)に完成しました。構 想から40年に亘る青函トンネル建設の歴史が展示されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜飛岬

津軽半島の最北端にあり、津軽海峡に突き出た岬。 北海道の白神岬とは19.5kmの距離で、地下を青函トンネルが通る。 石川さゆりのヒット曲「津軽海峡冬景色」で有名な所でもあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義経寺

青森県外ヶ浜町字三厩にある浄土宗のお寺で、源義経が北海道に 落ち延びていく途中に立ち寄ったという伝説の地にあるお寺です。 地名の三厩というのも、義経北行伝説にまつわるものです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厩石

伝説によると、平泉を脱出後、蝦夷を目指してこの地に来た義経は、 3頭の龍馬に助けられ、無事に蝦夷に渡ることができたとのことです。 その3頭の龍馬の厩がこの岩で、三厩という地名の由来とも云われています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蟹田港

津軽半島の東側の陸奥湾に面した蟹田にある港。 蟹田は、太宰治の小説「津軽」にも登場する町です。 蟹田港からは下北半島の脇野沢との間をを結ぶフェリーが就航しています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脇野沢港

青森県下北半島の西南にある、陸奥湾に面した港。 この地域は、かつては脇野沢村でしたが、現在ではむつ市になっています。 津軽半島の蟹田とを結ぶフェリーの発着港にもなっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸奥湾フェリー

津軽半島の蟹田と下北半島の脇野沢を約1時間で結ぶカーフェリー。運行 されているのは総トン数611トンの「かもしか」で定員は240名。4月下旬 から7月上旬にかけてはイルカの群れも観ることができるそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇曽利湖

青森県下北半島恐山にあるカルデラ湖で、湖の北東部は霊場恐山の境内。 恐山境内では、温泉も湧き火山ガスなどが噴出しているところもあります。 湖底からは硫化水素が噴出し、水質が酸性で生物の生息も限られています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more