テーマ:公園

和泉川宮沢遊水池

横浜市瀬谷区を流れる和泉川のほとりに「治水」や「親水」を目的に作られた遊水池。遊水池とは、洪水時に河川から水を流入させて一時的に貯留し、流量の調節を行う池・湖沼のこと。宮沢遊水地は、日頃は釣りを楽しむ人などもいる長閑な公園として市民に親しまれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川第三台場

嘉永6年(1853年)米艦隊来航にあたって海防の必要を認めて江戸幕府が築造した台場のひとつ。陣屋や弾薬庫の痕跡がよく残されているとして、無人島と化している第六台場とともに大正15年(1926年)10月20日に「品川台場」として国の史跡に指定されました。 現在は都立公園になっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南本宿市民の森

横浜市には43カ所の市民の森がありますが、ここはその中の一つ。平成7年(1995年)の開園で6.3haの広さがあり、こども自然公園(大池公園)からも近く、市民に親しまれています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西の河原公園

草津温泉の湯畑から徒歩10分の所にある、溶岩がゴロゴロ転がり、煙がもうもうと上がる荒涼とした公園。園内に流れる湯川にそって至る所から50度以上の温泉が毎分1万5千リットル湧き出しているとのこと。強い酸性の為、河原に草木は育たないので、別名「賽の河原・鬼の泉水」と呼ばれるているそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗林公園

香川県高松市にある400年近い歴史がある回遊式大名庭園。元は高松藩松平家の別邸で、紫雲山を背景に6つの池と13の築山を配する日本庭園です。現在は、国の特別名勝に指定され、県立の都市公園(歴史公園)として運営されています。   
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高松城跡

天正15年(1587年)讃岐の領主となった生駒親正によって「野原」と呼ばれた港町に築かれた城。現在見られる遺構は、江戸初期に徳川光圀の兄で常陸国から12万石で高松に移封された松平頼重によって改修されたものとのこと。高松城は別名玉藻城とも 呼ばれ、現在は玉藻城公園として整備されています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵原の水辺

横浜市泉区の、相鉄線いずみ中央駅前を流れる和泉川の旧河川敷を利用した親水広場で、平成25年に改修工事を実施し、リニューアルオープン。桜の名所として知られ、毎年多くの人がお花見を楽しみ賑わっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津久井湖城山公園

相模原市の津久井湖畔にある県立公園。ダムの両側の「水の苑地」と「花の 苑地」、津久井城跡を利用した城山南麓の「根小屋地区」の3つの地区があり、 桜の名所としても知られ、丹沢の山々や津久井湖を望む展望も楽しめます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

所沢航空記念公園

明治44年(1911年)4月5日に徳川好敏大尉が操縦するフランス製複葉機 アンリ・ファルマン機が高度10m、飛行距離800m、飛行滞空時間1分20秒 の飛行を行なった日本初の航空機専用飛行場の跡にできた県営公園です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湘南台公園

藤沢市の湘南台駅(小田急線、相鉄線、横浜市営地下鉄)から東に300 m程の、湘南台文化センターの向かい、国道467号線沿いにある公園。 区画整理にあわせて、昭和51年(1976年)に開設されたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウパーク

英国海軍の重要な軍港として知られているプリマスの海を見下ろす丘にあ る公園。 第二次世界大戦で亡くなった海軍の英霊を追悼した海軍記念碑、 またプリマスを拠点として活躍したドレイク提督の像などがあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セントジェームス公園

ロンドン中央部、バッキンガム宮殿のすぐ近くにある23ヘクタールの公園で、 イギリス指定公園・庭園登録制度におけるグレード1登録公園になっていま す。公園の中には池があり、二つの島が浮かんでいて景色の良い公園です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンパーク

バッキンガム宮殿に隣接するロイヤルパーク(王立公園)の一つ。この公園に は池や花壇などはありませんが、16ヘクタールの広い敷地には、芝生とリス の住む大きな木々が点在いていて、ロンドン市民の憩いの場となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京浜島つばさ公園

東京都大田区京浜島にある東京都港湾局が管理する海上公園。京浜島の 南東端、羽田空港に面した海岸沿いに作られた細長い公園で、羽田空港を 離着陸する飛行機がよく見える公園として知られています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽根木公園

東京都世田谷区代田にある区立の公園で、公園内にはプレイパーク、 野球グラウンド、テニスコート、梅丘図書館などがあります。梅林もあり、 毎年2月には、「世田谷梅まつり」が行われています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山下公園

関東大震災の復興事業として、瓦礫で海をを埋め立ててできた公園。 横浜を代表する公園で、観光名所の一つでもあり、近くには、大桟橋、 氷川丸、マリンタワー、中華街、などがあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜公園

横浜開港当時には港崎遊郭があった場所につくられた西洋式公園。中区の 区花チューリップが多数植えられ、チューリップの咲く公園としても有名です。 園内に、横浜DeNAベイスターズが本拠地とする横浜スタジアムもあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敷島総合公園

山梨県甲斐市の市街地の北部にある緑豊かな自然環境に恵まれた公園。 約8haの梅林があり、「しだれ梅」「八重紅梅」などの梅の花が約1200本の 梅が植えられていて、梅の時期には県内外から多くの観梅客が訪れます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沓掛城址

沓掛城は尾張国愛知郡沓掛(現・愛知県豊明市沓掛町)にあった城。永禄 3年(1560年)、桶狭間の戦いの前日に今川義元は2万5千の大軍を率い てこの城に入り、5月19日にここから桶狭間に向かって行ったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田楽坪(桶狭間古戦場)

愛知県名古屋市緑区の田楽坪と呼ばれていたこの一帯は、桶狭間の戦い の中心地であり、おけはざま山の本陣から追われた今川義元が打ち取られ た最期の地と言われています。現在は桶狭間古戦場公園となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駿府城公園

静岡市葵区にある駿府城の跡地を利用した公園。駿府城の城郭のうち、 旧本丸・二の丸が整備されたもので、園内には家康公の像、家康公お手 植えみかんなどもあり、「日本の歴史公園100選」に選ばれています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本庭園等々力

東京都世田谷区を流れる谷沢川の等々力不動尊の対岸に、昭和36年 (1961年)に建築された書院建物とそれをとりまく日本庭園。園内には 芝生広場もあり、等々力渓谷散歩の休憩の場にもなっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

等々力渓谷

東京都世田谷区を流れる谷沢川沿いにある溪谷。東京都区部では唯一 の自然の渓谷で、平成11年(1999年)には東京都指定名勝に指定され、 その環境が保全されるとともに、渓谷沿いに散策道が整備されています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八森岩館県立自然公園

秋田県の北部、八峰町沿岸部にある県立自然公園で、旧八森町の沿岸部 を中心に、海岸線から沖合い1kmまでが領域。海岸線は礒浜が続き、日本 海に沈む夕日の景勝地で、釣りや海水浴でも賑わいます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛭ケ小島

平治元年(1159年)の平治の乱において、源頼朝の父である源義朝は 戦いに敗れて敗死し、源頼朝は伊豆の蛭ケ小島に配流となりました。 20年後の治承4年(1180年)、以仁王の令旨がこの地で届けられました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌大通公園

札幌市の中心部を東西に横切る、長さ約1.5km、幅65m、の帯状の公園。 公園の東の端には、さっぽろテレビ塔がたち、公園を一望することができます。 四季を通じ様々なイベントに利用され、さっぽろ雪まつりの会場にもなります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開港広場

安政元年(1854年)3月3日、横浜の海岸のこの場所で日米和親条約が 結ばれ、それを記念して昭和57年(1982年)につくられたのがこの公園。 このすぐ近くには、玉楠の木、応接所跡(現神奈川県庁)などもあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旗山崎公園

日本武尊が東征の際に御旗を立てたことから「旗崎山」と呼ばれる公園で、 この岬に御所を構えたことから、岬全体は「御所ヶ崎」と呼ばれています。 また、明治時代に建設された「走水低砲台」の遺構の多くが現存しています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

破崎緑地

横須賀市走水の国道16号線沿いに破崎緑地(展望デッキ)があります。 国土交通省「関東の富士見百景」にも選ばれている所で、近くの走水海岸、 馬堀海岸、さらに天気が良ければ遠くに富士山を望むことができます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴェルニー公園

横須賀市汐入町にある、日本の近代化を支援した仏人技術者ヴェルニー に由来する市立の都市公園。また、横須賀港に面するため、米海軍の横須賀 海軍施設と海上自衛隊横須賀基地に停泊する艦船を間近に観察できます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more