テーマ:愛知

八丁味噌味噌蔵

八丁味噌とは、愛知県岡崎市八帖町で生産されている長期熟成させた豆味噌 のことで、名称は、この地が岡崎城より西へ八町(約800m)離れていたことに 由来するとのこと。NHKの連続テレビ小説「純情きらり」の舞台にもなりました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東照公えな塚

愛知県の岡崎城天守閣の近くにある東照公のえな塚。この城で生まれた 徳川家康のえな(胞衣・へその緒・胎盤)を埋めた塚で、もとは本丸南にあ ったものを、ここに(坂谷曲輪跡)移して記念としたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東照公産湯井

愛知県の岡崎城天守閣近くにある井戸。天文11年(1542年)12月26日 に岡崎城内で誕生した竹千代君(家康公)の産湯に、この井戸の水が用い られたとのことで、開運スポットにもなっているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡崎城

愛知県岡崎市にある徳川家康生誕の城で、龍城とも呼ばれています。 家康はその後、浜松城、江戸城へと本拠地を移していきました。現在の 天守閣は、昭和34年(1959年)に再建されたものです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芭蕉句碑(岡崎城)

岡崎城公園内、天守閣近くの龍城神社の脇にある松尾芭蕉の句碑。      「木のもとに 汁も鱠も 左久良哉」  元禄3年3月2日、伊賀で歌仙を開いた時の発句とのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家康公・竹千代像ベンチ

岡崎城の天守閣近くにある家康公と竹千代の像。岡崎城には幾つかの 家康の像がありますが、この像はベンチになっていて、岡崎の優秀な石 職人の技術と、地元産の良質な御影石が使われているとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沓掛城址

沓掛城は尾張国愛知郡沓掛(現・愛知県豊明市沓掛町)にあった城。永禄 3年(1560年)、桶狭間の戦いの前日に今川義元は2万5千の大軍を率い てこの城に入り、5月19日にここから桶狭間に向かって行ったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦人塚

永禄3年(1560)5月19日の桶狭間の戦いでの戦死者(約2500人)を、 曹源寺2世快翁龍喜和尚が明窓宗印に命じて村人とともに各所に葬り引 導焼香した塚の一つ。愛知県豊明市前後町にあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今川義元・織田信長像

愛知県名古屋市の桶狭間古戦場公園にある今川義元と織田信長の像。 永禄3年(1560年)5月19日、おけはざま山の今川義元の本陣に奇襲 攻撃を仕掛けた織田信長軍は見事に今川義元を討ち取りました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井伊直盛陣地跡

永禄3年(1560年)の桶狭間合戦の際、井伊直虎の父である井伊直盛が 今川軍の先陣として約1千で陣を張ったと伝わる処。今川軍は織田軍から の攻撃で総崩れになり、直盛もこの地で亡くなったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七ツ塚(桶狭間)

桶狭間の戦いで勝利を収めた織田信長は、村人に戦死者を葬るよう命じて 引き揚げ、村人はこの辺りに七つの穴を掘り埋葬したと伝えられています。 桶狭間古戦場公園の北300m程の所に七つの塚の一つが現存しています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦評の松

愛知県名古屋市緑区にある松の木。桶狭間の戦いにおいて義元の本陣 の設営を終えた瀬名氏俊隊は、この大松の下で軍議を開いたといわれ、 戦評の松と呼ばれています。今の松は3代目だそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬名陣所跡

愛知県名古屋市緑区にある瀬名氏俊の陣所跡。瀬名氏俊は今川義元の 家臣で、永禄3年(1560年)5月19日の桶狭間の戦いでは、今川本隊の 先発隊として偵察、桶狭間にて本隊の陣所の設営等を行ったとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おけはざま山

愛知県名古屋市にある「おけはざま山」(今川義元本陣跡)の碑。織田信長 はこの本陣に突撃し、桶狭間の戦いの主戦場になったとされる処です。そし て今川義元は古戦場公園辺りまで攻め込まれて討ち取られたとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田楽坪(桶狭間古戦場)

愛知県名古屋市緑区の田楽坪と呼ばれていたこの一帯は、桶狭間の戦い の中心地であり、おけはざま山の本陣から追われた今川義元が打ち取られ た最期の地と言われています。現在は桶狭間古戦場公園となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今川義元戦死の地(名古屋市)

愛知県名古屋市緑区の桶狭間古戦場公園にある「今川義元戦死之地」碑 と今川義元の墓碑。ここが、おけはざま山の本陣から追われた今川義元が、 服部小平太と毛利新介によって討ち取られた最期の地と言われています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松井宗信墓

松井宗信は、戦国時代の武将で今川氏の家臣。二俣城主として今川氏の 最盛期に貢献し、桶狭間の戦いで主君を守るため壮絶な戦いを繰り広げ て戦死。桶狭間の古戦場、愛知県豊明市の高徳院境内に墓があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桶狭間古戦場(豊明市)

愛知県豊明市に伝わる桶狭間古戦場。大軍を率いて尾張に侵攻した駿河 の今川義元に対し、尾張の織田信長が少数の軍勢で今川軍の本陣を強襲 し、今川義元を討ち取って今川軍を退却させた歴史上有名な戦いの跡です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今川義元墓(豊明市)

愛知県豊明市の桶狭間古戦場にある今川義元の墓。永禄3年5月19日 (1560年6月12日)今川義元は桶狭間山で休息中に織田信長の攻撃を 受け、織田家家臣・毛利良勝に首級を奪われました。享年42歳。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今川総介義元戦死所

愛知県豊明市の「桶狭間古戦場伝説地」にある七石表の1号碑。今川義元 が討ち取られた所とされ、古戦場伝説地の中で一番古い史跡で、明和8年 (1771年)に尾張藩士人見弥衛門・赤林孫七郎により建立されたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今川義元本陣跡

愛知県豊明市の高徳院境内にある今川義元公本陣跡の碑。永禄3年5月 19日(1560年6月12日)に尾張国桶狭間で行われた合戦で、今川義元 が本陣をおいたと伝えられている場所です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高徳院(豊明)

愛知県豊明市にある真言宗のお寺。明治27年(1894年)に高野山から 桶狭間古戦場隣地へ移転。敷地内には、今川義元の仏式墓所や本陣跡 の石碑、今川軍の重臣・松井宗信の墓碑が残っています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川家康像

この像は、「しかみ像」と呼ばれる肖像画をもとにつくられた石像です。 徳川家康は、三方ケ原の戦いで武田信玄に惨敗したとき、自戒の念を 忘れることのないように、「しかみ像」を描かせたと云われています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松平元康像

松平元康は、松平広忠の嫡男として岡崎城で生まれた後の徳川家康。 人質として身を寄せていた駿府で元服し、今川義元の元の字を賜り、 次郎三郎元信と名乗ったが、さらにまた、蔵人左元康と改めました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川家康像

徳川家康は松平広忠の嫡男として天文11年(1542年)岡崎城で誕生。 6歳の時、人質として駿府に送られたために岡崎城を離れましたが、 桶狭間の戦いで今川義元が討たれた直後に、岡崎城に戻りました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本田平八郎忠勝像

徳川家康の家臣で、徳川四天王、徳川十六神将、徳川三傑の一人。 家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本田平八郎とまで言われた程。 槍の使い手で、空を飛ぶトンボを切るほどであったと伝わっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱田神宮

三種の神器の一つである草薙剣を祀る、名古屋市熱田区にある神社。 伊勢神宮に次いで権威のある神社とされています。 かつては、伊勢湾に突き出ていた岬上に位置していたとのことです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那古野城跡

現在の名古屋城のあるところに、今川氏親が築城した城。 織田信秀がこの城を奪い、古渡城に移るまでここを居城としていて、また、 織田信長がここで生まれ、清須に移るまでここを居城としてたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藩訓秘伝の碑

名古屋城の二の丸跡にある、「王命に依って催さる事」と刻まれた碑。 この言葉は、初代藩主徳川義直の「軍書合鑑」の中にある一項の題目で、 勤王の精神について述べているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青松葉事件之遺跡

青松葉事件は、慶應4年(1868年)に、名古屋城内で起きた事件。 第14代藩主徳川慶勝の命令により、14名の佐幕派藩士が斬首されました。 処刑された一人の渡辺在綱の家が「青松葉の渡辺」と云われていたそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more