テーマ:三重

宇治橋(伊勢)

伊勢市にある皇大神宮(内宮)の参道口にあり、五十鈴川に架けられた橋。 別名を御裳濯橋とも呼ばれ、「俗界と聖界の境にある橋」とされています。 また、内宮のシンボルとされるこの橋は日本百名橋の一つにもなっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神恩太鼓

伊勢神宮内宮の鳥居前町の一角にあるおかげ横丁で演奏されている太鼓。 伊勢の風土をいっぱいに感じながら、今あることを感謝する「神恩感謝」の精 神を太鼓の音で表現しようと、平成4年(1992年)から始まったそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかげ横丁

伊勢神宮皇大神宮(内宮)前にある、お蔭参り(お伊勢参り)で賑わった 江戸時代末期から明治時代初期の門前町の町並みを再現した観光地。 おはらい町の中ほどにあり、伊勢志摩を代表する観光地となっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おはらい町

伊勢市の「内宮」の鳥居前町で、町の中央には「おかげ横丁」があります。 伊勢参宮街道に沿って、宇治・山田で昭和中期以前には一般的であった 「妻入り」の木造建築が立ち並び、伊勢市の代表的な観光地になっています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇大神宮

伊勢の神宮の2つの正宮のうちの1つで、一般には内宮と呼ばれています。 主祭神は皇室の祖である天照坐皇大御神 (天照大御神)で、三種の神器の 1つ・八咫鏡を神体とする伊勢信仰の中心となる神社です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五十鈴川

皇大神宮(伊勢神宮内宮)の西端を流れる川で、川辺に御手洗場があり、 ここで、心身ともに清めてから参宮することが推奨されています。倭姫命が 御裳の裾の汚れを濯いだとの伝説から、御裳濯川の名もあります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風宮(外宮)

伊勢神宮外宮(豊受大神宮)の境内別宮。古くは現在の末社格の風社で したが、弘安4年(1281年)の元寇の時に神風を起こし日本を守ったとし て正応6年(1293年)に別宮に昇格したとのことです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀石(外宮)

伊勢神宮の外宮正殿から別宮方面へ向う水路に架かる石の橋。形が亀に 似ていることから亀石と呼ばれています。この石は、三重県下最大の横穴 式古墳である高倉山古墳の入口の石だったと伝えられているそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三ツ石

伊勢神宮外宮の古殿地の南側にある三個の石を重ねた石積み。この前では 御装束神宝や奉仕員を祓い清める式年遷宮の川原大祓が行われるとのこと です。パワースポットだそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豊受大神宮(外宮)

三重県伊勢市豊川町にある神社で、伊勢神宮の2つの正宮のうちの1つ。 雄略天皇の夢に天照大御神が現れ、食事が安らかにできるように丹波国 の等由気大神(豊受大御神)を近くに呼び寄せるようにと神託したそうです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多賀宮遥拝所

多賀野宮は伊勢神宮外宮の4つある別宮の中で最高位とされているお宮。 外宮正宮前の参道に注連縄を張った小石敷きの一面が南面してあり、ここ から多賀野宮を遙拝することが出来る所です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古殿地(外宮)

伊勢神宮では20年毎に社殿を造り替えて神座を遷す式年遷宮が行われます が、古殿地は前回の遷宮まで正宮御殿が立っていた場所です。正宮と同じ広 さの敷地を持ち、中央には「心御柱」を納めお守りするための覆屋があります。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なばなの里

三重県桑名市長島町にある植物園で、花をテーマにした施設としては東海 地区最大級。10月中旬頃から5月上旬頃まで行われるイルミネーションが 呼び物で、毎年多くの来場者を集めています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水中翼船「PT-50」

水中翼船「PT-50」は、昭和38年(1963年)から同57年(1982年)まで 名鉄海上観光船として活躍していた、国内第一号の水中翼船です。 現在は、鳥羽市にある「みやげセンター王将」の屋根の上に載っています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せんぐう館

三重県伊勢市にある伊勢神宮外宮の勾玉池の畔にある展示館。第62回 神宮式年遷宮を期して、社殿造営・御装束神宝奉製の技術を展観し、我が 国が誇る技と心の精華を永く後世に伝える理念のもとに創設されました。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数馬茶屋

三重県伊賀市の「鍵屋の辻」の直ぐ傍にあるにある茶屋。 寛永11年11月7日(1634年12月26日)、渡辺数馬、荒木又右衛門一行が 仇討ち前に立ち寄り、仇を待ち伏せていたとされる萬屋を再現した茶屋です。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍵屋の辻

鍵屋の辻は、伊勢街道と奈良街道の分岐点にあたる辻で、 寛永11年11月7日(1634年12月26日)に、渡辺数馬と荒木又右衛門が 数馬の弟の仇である河合又五郎を討った場所として知られています。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊賀上野城

関ヶ原の合戦後、豊臣方に備えるために藤堂高虎が伊賀の藩主となり、 それまでにあった城を実戦型に大幅に改修した城。現在の天守は復元 されたものですが、石垣と内堀は当時のままのものです。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊賀流忍者博物館

三重県伊賀市にある伊賀流忍者の博物館で、観光名所にもなっています。 いろいろな仕掛け・からくりを備えた忍者屋敷、忍術体験館、忍者伝承館、 などの施設、そして、忍者ショーもあり、子供から大人まで楽しめます。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more